内出血 腫れ 治し方

内出血で腫れが後に残らない様にする治し方

スポンサーリンク

体の一部を強く打ち付けると内出血と言った形で肌の表面に現れる事もあり、そのままでいると腫れて来たり下手をすると跡が残り続ける事もあるので早めに何らかの処置をするべきです。
内出血とは結局の所は体内で起きている炎症の一つなので初めの内は冷やす事が最も効果的ですが、一日から二日以上経ってから行っても意味が無くなるので注意する様にします。
この早めに冷やす事で腫れる事も抑える事が出来る以外にも後に残り難いと言った事にも繋がりますので、特に女性に取っては面倒ではありますが最も良い治し方とも成るのです。
逆に時間が経ちすぎた場合や冷やしたのになかなか腫れが引かないと言った場合には、今度は温めると言った手段を取るのが効果的ともなっては来ます。
ただし温めるにしても熱すぎると今度は火傷と言った別の問題も引き起こすので、三十五度前後でやるのが理想的でもあるのです。

スポンサーリンク

内出血が後に残り難い治し方としては外部からの処置以外にも体の内側から作用させる事も大事で、特にそう言った怪我を負ったら何時もよりビタミンや鉄分と言った物を多く取る様にすると良い作用が得られる事にも成るのです。
こう言った成分は血液を生み出す事にも繋がるので体の内側の働きを活発化させ、結果的に腫れ等を抑えて回復し易い状況を生み出す事にもなり引いては後も残り難くします。
ただしこの様な方法はあくまでも軽度の物に限りますので見た目にも異常な腫れがある場合は、むしろ直ぐに病院に行って詳しい検査をしてもらうのが一番ともなって来るのです。
下手をすると内出血と思っている症状が実は骨の異常や筋肉とその関連組織の断裂である可能性もありますので、違和感を感じる物に関しては独断せずに専門医に診せるのが最良の手段ともなって来ます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加