内出血 治らない 病気

内出血が治らない病気について

スポンサーリンク

内出血が治らない病気についてアレルギー性紫斑病があります。
アレルギー性紫斑病とは、アレルギー性機序によって血管が障害を受け四肢の紫斑の病状です。
好発年齢は4から7歳です。
男女差はみられません。
原因としては不明です。
種々のウイルス感染症や細菌感染症に続発することが多いです。
病態生理としては免疫応答の異常が強く推薦されています。
組織学的に先行感染血管でみられます。
治療としては症状が紫斑のみである場合は無治療で観察します。
機械的刺激のある部分は紫斑が悪化します。
安静を心がける必要があります。
また、定期的な尿検査が必要です。
腹痛や関節痛などは日常生活が困難になります。
この場合は入院治療が必要になります。
ステロイドの投与が急性症状の改善に有効です。
しかし、腹痛の場合は消火管からの吸収が難しいため、静脈投与することが多いです。

スポンサーリンク

血管性紫斑病に対しての特効薬はありません。
治療法はアレルギー性紫斑病と同じで安静に治療します。
腹痛がなければ食事制限の必要はありません。
運動や生活の制限も体調と相談して決めます。
ほかには、紫斑病性腎炎がみられた場合には定期的に検査が必要です。
進行がみられる場合には腎臓の組織を採取して検査します。
検査の結果より適切な治療対応を行います。
紫斑病の症状の現れ方は皮膚症状があります。
皮膚に紫斑ができた場合は注意深く観察する必要があります。
次に関節症状あります。
膝や足の関節痛がみられます。
診断は容易にできますので疑いがあれば積極的に活用しましょう。
病状が紫斑だけの場合は血液検査が必要です。
ほかには血管性血小板減少性紫斑病があります。
これは血小板が血管内で固まって起きるものです。
紫斑病の疑いがあれば早期に病院に行きましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加