内出血 早く治す 薬

内出血を早く治す薬について

スポンサーリンク

内出血とは、体内の血管が破裂する等して皮下で出血することです。
対処法の基本的考え方としては、一般的に顔や腕、足の打撲による内出血は軽度のもの以外は3日程度冷やします。
冷やしすぎに注意してください。
その後は温めるのが基本になります。
最初に冷やす理由は血管を収縮させるためです。
それと、痛みを抑える効果もあります。
3日程度で治療傾向にうつります。
温めたほうが血管を膨張させ血管を促す効果がありますので早く治すことができます。
ここでも温めすぎに注意してください。
薬と一緒に併用することが望ましいです。
冷やすのが難しい部位は専門の医者に確認します。
四肢の内出血は、傷病者が痛みを感じやすいです。
特に重大なのは体感です。
肝臓は血管の損傷がわずかな傷でも危険ですので注意が必要です。
超音波エコーにより発見することができます。

スポンサーリンク

血液患者などで凝固や線溶があります。
凝固とは出血は止めるために生体が血液を凝固させる分子です。
そして固まった血を溶かして分解するのが線溶です。
病態においてこの2つは密接に関係しています。
人間には自己治癒能力がありますので、その部位を治そうと働きます。
しかし外見的に青い部位が目立つ場合は早く治すべきです。
薬は塗り薬を使います。
内出血の場所に塗ることで、血行をよくし、効果が期待できます。
様々なタイプのがあるので、使用する場合は薬剤師に相談して決めるといいです。
ほかには漢方薬も効果が期待できます。
ここで使用する場合も相談して決めるといいです。
内出血を早く治す方法しては、冷やすタイミングと温めるタイミングです。
すぐに冷やすことができれば、治りを早くし痛みを抑えることができます。
なるべく病院に行って症状が悪化しないように気をつけましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加