虫刺され 内出血 原因

虫刺されの内出血の原因について

スポンサーリンク

虫に刺されたときには強いかゆみを生じるようになっています。
しかしかゆみと少しの腫れだけで治まると言うことがありますが、中には内出血を起こしてなかなか治らないというようなひどい状態のこともあります。
なぜこのようなことが起こるのかというと、そこにはいくつかの原因が考えられています。
いつもとは違う虫刺されと感じたときには安易に考えないようにします。
蚊に刺されたときには蚊アレルギーを引き起こしている可能性があります。
これは蚊刺過敏症といわれるもので、普通に刺されたものと比べると真っ赤に晴れ上がって、2週間経過してもそのかゆみが治まると言うことがありません。
また初音綱夫どの重い症状を引き起こすこともあります。
このほかの症状としては、リンパ節が腫れたり下痢などの症状が見られることがあります。
蚊に刺されたと言うことだけで簡単に済ませないようにします。

スポンサーリンク

また子供や乳児など抵抗がない小さな子供の場合には、蚊に刺されたと言うことだけで重い障害の原因になることもあるので注意が必要です。
稀に発症する重い症状としては、水疱や血疱、壊死や潰瘍という状態まで進むことがあります。
なぜこのようなことが発生するのかというと、それは蚊の唾液とEBウイルスが原因となっています。
しかし症状には個人差があるので、異常を感じたときにはすぐに病院を受診するようにします。
このような重い症状にならないためには、蚊をたたいてつぶしてしまった場合、蚊の体液が付いてしまうのできれいに洗い流すようにします。
虫除けスプレーなどで普段から蚊に刺されないように気をつけるようにします。
また刺されてしまった後はかきすぎないようにします。
これがアレルギーを促進させる原因となってしまいます。
また屋外ではブヨやアブにも注意が必要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加