足の爪 内出血 痛み

足の爪の内出血と痛みについて

スポンサーリンク

車や家の中のドアで指を挟んだ経験をしたことがある人がいます。
このときには激しい痛みに襲われますが、同時に内出血が発生することが多くなっています。
このほかにスポーツなどをしていても同じような症状に襲われることもあります。
足の爪が内出血をするような大きな衝撃を受けたときには、非常に強い痛みがあり大人でも我慢できないほどです。
最初の症状としては薄紫色に変色しているだけのように感じますが、次第に色が濃くなっていきます。
そして最終的には黒く変色していきます。
このような状態になれば爪の中のことなので触ることができず、どのように対処をすればいいのか分からないという人がたくさんいますが、基本的に爪が内出血をした場合でもそのまま放っておいても問題がないとされています。
時間の経過と共に痛みも少なくなってきます。

スポンサーリンク

黒く変色した部分に関しては、爪が成長すると共に上にだんだんと上がってきます。
そして最終的には新しい爪に生まれ変わるときにはがれていきます。
しかしこのように順調に回復するものに関しては心配ないのですが、ずきずきと痛みが残り生活の中で支障を来すというようなこともあります。
このような場合は一人で悩まずに病院で受診するようにします。
自分で解決する方法もあります。
それは爪に穴を開けて中の血腫を抜き出すという方法です。
この血腫が痛さの原因となっているので、取り除くことで痛みも治まります。
穴を開ける道具はクリップなどで代用できます。
アルコールでこのクリップを消毒し、ライターなどで先端を赤くなるまで熱します。
そしてこれを黒く変色した爪の中央に軽く押し当てます。
貫通すれば血腫を拭き取ることができます。
そして患部を消毒して終了です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加