足 親指 爪 内出血 痛み

足の親指の爪の内出血や痛みについて

スポンサーリンク

人間は毎日立ったり歩いたりすることでたくさん足を使っています。
そのなかで爪に異変を感じることがあります。
足の爪が内出血していると言うことがありますが、そこには何らかの原因があります。
主な原因は次の2つとなっています。
まずはものを落としてしまってできると言うことです。
ものを落としてしまうと爪の内出血が発生し、その部分が変色してしまうことがあります。
このような経験を一度はしたことがある人がたくさんいますが、ドアが挟まってもできることがあり何らかの強い衝撃によって発症してしまいます。
このほかの原因として小さい靴をはき続けると言うことが考えられます。
足の爪は非常にデリケートな部分となっているので、変色するだけではなく痛みを伴うこともあります。
靴の大きさは非常に大切なので、自分にあったものを選ぶことが大切です。

スポンサーリンク

変色する場合には体に起こる症状と同じで、色が紫や赤黒い色になります。
また痛みを伴うと言うことがありますが、この場合は変色と共に発生します。
慢性的に圧力がかかったりと言うことが原因となっています。
またはがれることもありますが、内出血をすることで親指の爪がはがれてしまうことがあります。
ではこれらの症状が発生したときにはどのような対処をすればいいのかというと、あまりひどいものでなければ自然と元に戻るのでそのままにしておきます。
再生能力が非常に高くなっているので、変色部分は新しいものがしっかりと生えてきます。
またはがれてしまっても時間の経過と共に新しいものが生えてくるようになっています。
はじめは薄くて弱いものですが、古いものと同じように強いものが生えてきます。
しかしはがれてしまったときには細菌感染しないようにしっかりと対策を取ることが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加