内出血しやすい 原因 体質

内出血しやすい体質の原因と対処・予防法

スポンサーリンク

気づいたら内出血やアザができているという、内出血しやすい人には、体質に原因があります。
内出血とは、皮膚の下で起きている出血のことで、血管などが軽傷を負うと症状があらわれます。
この際に皮膚が薄く柔らかい体質にある人は、皮膚の下の傷が透けやすく、傷つきやすくなっているのです。
また、血液中に含まれる血小板という物質が少ない場合も、内出血しやすい体質となってしまいます。
圧迫などにより血管が傷を負った際に、健康的な人に比べ血が止まるのが遅く、皮膚の中で出血が止まらず内出血となってしまいます。
毛細血管が弱くて破れやすいことが原因となっていますが、稀なケースとして白血病を患っている可能性もあります。
あまりに症状が酷い場合や、頻繁に大きな内出血が起こる場合は、内科医師への相談や血管内科での診療を検討しましょう。

スポンサーリンク

体質改善を目指す場合は、ライフスタイル全般の改善が必要となります。
血液の循環を良くするために、充分な睡眠と適度な運動、そして入浴の際は浴槽に使って体を充分に温める必要があります。
また、茶アザなどが頻繁にできる人は、紫外線を肌に蓄積している可能性があるので、日焼け対策や紫外線対策に注意を払って下さい。
薬の副作用による影響も可能性が高いので、服用している薬の見直しもおこなって下さい。
特に抗凝血剤などは出血のリスクを増大させます。
容易な出血やアザが多発する場合は、早急に医師への相談をおこなって下さい。
また、ビタミン不足は内出血しやすい体をつくってしまいます。
毛髪や皮膚の感想、貧血などを感じる場合はビタミンCの欠乏、青あざが頻繁に発生する場合はビタミンKの欠乏を知らせるサインです。
普段から摂取するように心がけて下さい。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加