爪 内出血 治らない

爪の内出血が治らないときには

スポンサーリンク

爪の部分に強い衝撃を受けたときなどには、ここに内出血ができることがあります。
けがをしたときにはこのような症状が見られることがよくありますが、時間の経過と共に変色したりと言うことがあります。
最終的に爪がはがれるというようなこともあります。
このときの対処法としては基本的には次のようになっています。
基本的には自然治癒に任せるという形になっています。
ひどい状態でない限り特別な治療の必要なないと言うようになっています。
程度が軽いようなら経過を見るだけで大きな問題はありません。
何も処置をしない場合はどのように変化していくのかというと、軽いものなら自然に色が薄れていき生え替わりと共にきれいな状態に戻ります。
出血の量が多く大きな血腫があるときにははがれて生え替わるようになっています。
伸びてきたものが自然に浮き上がって外れます。

スポンサーリンク

また同時に指先の保護もしっかりと行います。
新しく生えてくるものは非常に柔らかいので指先を専用のサポーターなどを使って保護します。
しかしけがの程度によってはなかなか治らないということがあります。
このようになかなか治らないという場合には治療が必要になるので病院を受診します。
痛みや腫れがひどくなかなかひかないときには骨折の可能性があります。
また爪下血腫があるときには血を抜く必要があります。
けがをした記憶がなく発生すると言うような内出血の場合は、その背景に病気が関係していることもあります。
したがって状態を観察して何か心配なことがあれば放っておいたり自己判断をせずに皮膚科を受診するようにします。
爪が黒くなるものとして爪下血腫がありますが、とくに治療の必要はなく軽いものであれば2週間から1ヶ月できれいな状態に戻ります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加