内出血しやすい 病気

内出血しやすい病気について

スポンサーリンク

気がつけば体にあざができていたというようなことがあります。
ただの打ち身の場合にはあまり心配することがありませんが、そこに病気が隠されていることもあるので注意する必要があります。
内出血しやすい病気がいくつかありますが、それは次のようなものとなっています。
紫斑病という病気がありますが、これは血管炎や血管が弱っているとき、また血管の閉塞などが原因となって体の中で僅かな出血を繰り返すという病気です。
体に表れる特長としては、内出血が発生している部分が赤紫や青紫色のあざとなっている点です。
この病気にはいくつかの種類があります。
単純性紫斑と呼ばれているものは、下肢によく見られしこりがないのが大きな特長です。
したがって血液検査でも異常が見られません。
20代の女性で春と秋によく見られます。
アレルギー性紫斑は子供によく見られ、免疫反応の異常が原因となっています。

スポンサーリンク

また内出血しやすいものとして血友病があります。
血友病とは出血をしたときに血を止める血液凝固因子に異常があるときに起こるのです。
筋肉内出血や関節内出血などが慢性的に起こります。
また血友病患者の大半は男性となっています。
白血病も内出血しやすいものになります。
これは白血球が異常に多くなるもので血液の癌とも呼ばれています。
原因は明らかではありませんが、血液細胞の何らかの遺伝子が傷つけられることで突然癌になると考えられています。
症状としては息切れや動悸や倦怠感や顔面蒼白などの貧血症状が現れます。
そして気がつかない間に手や足にあざができていることがあります。
色が濃いしっかりとしたあざができている場合や治りにくいというのが特長です。
糖尿病でもあざが見られます。
手足の感覚が鈍りけがによる痛みを感じにくくなるので、知らない間にあざができていると言うことがあります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加