腕 内出血 治し方

腕の内出血の治し方について

スポンサーリンク

腕に内出血ができたときには、とくに夏などのように肌を露出する服を着るときには目立ってしまいます。
したがって早く治療をして目立たないようにしたいというのが誰もが考えることです。
そこで少しの努力で内出血を早く治すことができる方法があります。
その治し方のポイントは次のようになっています。
まずは患部を冷やすこそが基本です。
内出血が起こったところは炎症が発生しています。
したがってこの炎症を抑えるために患部を冷やすことが大切になります。
直接氷などを当てようと考えている人がいますが、これが皮膚に大きな刺激となってしまうので、タオルや布にまいてから少しずつ患部を冷やすようにします。
患部を冷やした後には逆に温めるようにします。
患部を温めることで血行が促進され、その結果栄養がたくさん運ばれてきます。
方法としては温かいタオルを患部に当てたりゆっくりと入浴をするなどになります。

スポンサーリンク

また患部を直接治療をする以外にも内出血を早く治すための方法があります。
体にあざができたときには、体の中の血の流れを活発にすると言うことが大切です。
こうすることで早く治療をすることができます。
血液にとって有効な成分がありますが、ヘモグロビンを作る際に必要な鉄分やこの鉄分を早く吸収することができるビタミンCの積極的な摂取が望ましいです。
このほかに鉄分がたくさん含まれている食材として、小松菜やかつおやレバーがあります。
またビタミンCがたくさん含まれている食材としてはピーマンやレモンやいちごやブロッコリーがあります。
内出血が腕などに発生したときには、これらの食材を積極的に摂取するようにします。
またどうしても早く治したいというような人がいますが、この場合は塗り薬などの塗るタイプの薬が患部を通して血行を促進させます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加