目 内出血 原因

目の内出血の原因について

スポンサーリンク

とくに何もしていないのに目が赤くなるという経験をしたことがある人がいます。
ある日突然起こることが多い目の内出血ですが、痛みや目が見えなくなると言うこともないのであまり深刻に考えていない人が多くなっています。
目が赤くなると言うことは、眼球の中の血管が切れて出血が起こっている状態となっています。
これは結膜下出血と呼ばれています。
多くの場合痛みがありません。
気がついたら赤くなっているというようなことがほとんどです。
この症状は全て原因がはっきりとしているということではありません。
突然発生するものと原因がはっきりと分かっているものとに分けることができます。
原因がはっきりとしているものに関しては次のようになっています。
それは外部からの刺激があったり、糖尿病や動脈硬化、このほかにインフルエンザの合併症として発症することがあります。

スポンサーリンク

これに対して原因がはっきりしていないものもあります。
すなわち特定することが難しいというもののことで、こまかい作業を長時間にわたり行っていたり激しいくしゃみや咳をしたとき、このほかにはお酒をたくさん飲んだときなどに見られるようになっています。
日常生活の中で発症することに関してはさまざまなことが考えられます。
大きな負担がかかったことが一番に考えられます。
また危険性が気になりますが、衝突や転倒などといった外的要因やかゆみなど他の症状があるときにはあまり心配する必要はありません。
他の病気の合併症として結膜下出血になったときには、原因となっている病気の治療を優先するようにします。
症状がすぐに繰り返すという場合には、他の病気にかかっている可能性が高いので、内科で検査をしてもらうようにします。
結膜下出血は数日から1ヶ月、また2ヶ月程度で治ります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加