内出血 治し方 顔

顔に出来た内出血の治し方

スポンサーリンク

内出血は、モノにぶつかったり、硬いものが当たったりすることで、皮膚が青くなってしまい、内側に血が溜まった状態を言います。
これは痛みを伴い、見た目も不気味で気持ちが悪いもので、特に足・腕・顔に出来て、周囲の目が気になってしまい、早く治して健康的な美肌になりたいものです。
皮膚の下の組織部分が出血すると、血液が皮膚の下に溜まって表面に見られます。
通常、血は赤いものですが、青く見えますが、これは皮膚に含まれるメラニン色素が原因です。
人間には自己治癒力があり、その部分を治そうと働くので、体に悪いものではありませんが、見た目の悪さを考えると、早く治したいと思うのが正直なところです。
内出血を放置しておくと、色が変化してアザになることもあります。
これは衝撃を受けたことで、その部分のヘモグロビンが壊れて、赤・青・紫へと色が変化して行くのです。

スポンサーリンク

完治して痛みがなくなっても、アザは残り続けることもあります。
これは、衝撃を受けた時に体の防御機能としてメラニン色素を多く作り出してしまうからです。
内出血の原因は主に2つあります。
1つ目は、強い衝撃による打撲です。
内出血は皮膚が薄くて内側部分がダメージを受けやすい部分に出来ると言われています。
ですから、皮膚の表面が傷つくと出血を起こすのです。
もう1つは、病気の可能性です。
これは紫斑病と言い、毛細血管や血小板のトラブルによって起きる免疫の異常です。
内出血の治し方としては、まず、すぐに患部を冷やすことです。
氷をタオルなどで巻いて患部に当てましょう。
次は、逆に患部を温めることです。
温かいタオルを当てたり、温かいお風呂に入るのが有効です。
次は体の血の流れを良くするための食事をすることです。
これには、小松菜・カツオ・レバー・パセリ・ピーマン・レモン・いちご・ブロッコリーが効きます。
さらに、早く治したい人には塗り薬もあります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加