嘔吐 顔 内出血

嘔吐をした後の顔の内出血について

スポンサーリンク

激しい嘔吐をした後に顔に異常を感じることがあります。
顔の一部分に内出血が発生しているというようなことを経験したことがある人がいますが、これがなぜなのかが気になります。
嘔吐をした後は一時的に顔色が悪くなることが多いのですが、脳しんとうが原因と考えられる場合には、さらさらと鼻水が出てくるようなことがあれば医師に相談するようにします。
また過食嘔吐の後に内出血が見られることがあります。
顔の痛みだけではなく顔が大きくなると言うこともあります。
この原因として考えられるのはむくみになります。
この場合腎機能の低下が見られたりミネラルの不足が起こるのでむくみが発生するのです。
このほかに考えられる原因としては唾液腺の腫れがあります。
嘔吐をすることで普通の生活以上に唾液が分泌されるようになっているので、その結果腫れてしまうのです。

スポンサーリンク

そのなかでも耳下腺と呼ばれる大きな唾液腺がありますが、これは耳の下から顎にかけて実に広い範囲に広がっている器官となります。
この部分が腫れてしまうと下部分が腫れてしまいます。
唾液腺が腫れている状態でさらに嘔吐を続けると、内出血を引き起こすことがあります。
それはなぜかというと、吐くと言うことは考えている以上の力が必要になります。
その結果圧力がかかり、すでに充血している状態に強い圧力がかかってしまうと血管が切れてしまうのです。
腫れた状態で痛みを伴うことがありますが、内出血が発生すると強い痛みを感じます。
過食で吐いた場合の内出血に関しては、目の回りにこれらの症状が多く見られます。
目の回りによく見られる背景には、この部分や眼球に毛細血管がたくさん集まっていて、無理な圧力がかかることで簡単に血管が切れてしまうという理由があります。
これらは赤い斑点状になっています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加