顔 内出血 原因

顔の内出血の原因について

スポンサーリンク

何となく鏡を見ていると、顔が赤いように感じることがあります。
そしてさらに詳しく見てみると赤い斑点のようなものがあり内出血をしているということがあります。
とくに目の周りなど皮膚の薄いところに細かい斑点のように内出血ができているということがありますが、特長としては痛みやかゆみがないと言うところにあります。
肌の表面もぶつぶつとしていることもなく目の回りに集中しています。
このような症状が見られる原因として考えられるのは、体に大きな力が加わることがあるとできてしまいます。
思いっきり泣いたり嘔吐したりというようなことがあると、目の周りにある毛細血管が切れて細かい内出血斑ができると言うことは決して珍しいことではありません。
女性の場合には出産のときに大きな力が加わることで、顔のあちこちに赤い斑点ができると言うこともあります。

スポンサーリンク

運動をしたときに瞼に赤い斑点ができるという人がいますが、これらの原因の一つとして考えられるのは毛細血管の内出血の可能性が高くなります。
体調不良で夕食の後に吐いてしまったりすると斑点が見られます。
顔の周りには毛細血管がたくさんあり、これは非常に壊れやすくなっています。
したがって出血も目立ちやすくなっています。
加齢によって起こる老人性血管腫というものも顔に赤い斑点が出ることがあります。
良性なので放っておいても心配はありません。
しかしそれでも気になる場合には大きな病院で検査をしてもらうようにします。
膠原病では目の下あたりに赤い斑点ができたり皮膚が硬くなったり黒ずんだしこりができることがあります。
しかし多くの場合毛細血管が破壊されることによる内出血がほとんどとなっています。
何が原因になっているのかをはっきりさせることが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加