打撲 内出血 壊死

打撲による内出血と壊死について

スポンサーリンク

日常生活の中で体を何かにぶつけると言うことがあります。
いわゆる打撲といわれる物ですが、ここで内出血を伴うことがあります。
体の一部分にあざができているというような場合にはこれが原因と考えられます。
内出血を伴う打撲の場合、症状が軽いものの場合には1週間から2週間程度で治るようになっています。
しかし症状がひどいという場合には完全に治るまで2ヶ月から3ヶ月は必要になります。
どのような場合でも、人間には自然治癒力があるので時間の経過と共に痛みや範囲やあざの濃さは薄くなっていきます。
しかし中井にはなかなか治らないというようなものもあります。
そこにはいくつかの原因が考えられています。
たとえば骨折をした場合には、症状がなかなか治らないと言うことがあります。
強い衝撃と共に実は骨折をしていたというようなことがあります。

スポンサーリンク

軽い骨折の場合には骨が折れているかはレントゲンでもなかなか発見することができません。
しかしこのときにしっかりとした治療を行わないと、損傷した骨が周りの組織を傷付けることで内出血が続くと言うことがあります。
またこのほかに考えられることは、皮下細胞組織が細菌感染を起こすと言うことがあります。
この場合炎症によって痛みだけではなく発熱を伴うことがあります。
強い衝撃を受けたときに油断しない方が良いのがコンパートメント症候群になります。
内出血が起きると血液が区画から出ることができないので、この中に充満して内圧が上昇し、筋肉や神経の中を血液が行き渡らなくなり変性や壊死をしてしまうということがあります。
したがって最終的に大きな障害が残ってしまいます。
この症状が疑われる場合には、筋膜を切開することで区画内の圧力を下げる必要があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加