内出血 血抜き

内出血の血抜きやり方

スポンサーリンク

強い衝撃による打撲です。
多くの方が起こす原因となっているのが、モノにぶつかったり硬いものが外部から当たるなどの衝撃を受けることで起きる打撲です。
子供の時などは、周りをみずに走り回ったりすることが多いので、打撲が原因で経験したことのある人も多いのです。
衝撃を受けることで表面部分の皮が切れることなく、内側の皮膚や皮膚の下部組織にダメージが与えられて起きるのが内出血なのです。
皮膚が薄く内側部分にダメージが加わりやすい箇所にできやすいとされております。
特に、手足や頭部はぶつけてしまうことが多いので注意しましょう。
頭にできて腫れ上がる「たんこぶ」も内出血と同じくくりです。
この場合は、体が病気に犯されているために体の内側が出血してしまう場合が多いのです。
そのため、早期発見をしないと症状が悪化するケースが多く、最悪死を招いてしまうケースもあるので注意しましょう。

スポンサーリンク

内出血が起きたらすぐ冷やす事です。
まず内出血が起きたら対応として、すぐに冷やすようにしてください。
できれば24時間以内に幹部を冷やしてあげる必要があります。
症状の悪化を防ぐのが目的になるので、なるべく早く冷やした方が内出血の治りを早くすることができます。
次は温めます。
温めることで血行が促進されることになるので、幹部を治すための栄養が運ばれやすくなるので、治りが早くなるのです。
温めたタオルをあてたり、じっくり入浴をするなどをして幹部の血の流れをよくすることです。
さらに激しい衝撃を受けてしまって腫れてしまう場合があるので、冷やすことで腫れを引かす効果も期待できます。
直接氷などを当てると皮膚に刺激を与えてしまうことになるので、タオルや布に巻いてからちょっとずつ幹部を冷やすようにすることです。
これらのことをやっていれば血抜きをしなくても治ります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加