皮膚 赤い斑点 内出血

皮膚にできる赤い斑点の内出血とは

スポンサーリンク

皮膚に赤い斑点ができることがあります。
これが何かの病気のサインではないかと心配になる人がいますが、直径が2ミリメートル程度の赤い点でが気になっているという人がいます。
体のさまざまなところに小さな赤い点が出てきたと言うことがありますが、なぜこのようなものが体にできるのかが気になります。
原因として考えられるのは、紫外線をたくさん浴びたりすることや、皮膚が炎症することで発生している可能性があります。
人間の皮膚には真皮という部分がありますが、この部分にある毛細血管の拡張や増殖によって表皮が伸ばされて、それが赤いほくろのように出てくると言うことや加齢が関係しているとされています。
接触皮膚炎というものがありますが、これは特定のものに接触することで発症し腫れや痛みを伴うこともあります。
また紫斑病の可能性もあります。

スポンサーリンク

そのなかでもとくに単純紫斑病とは若い女性に多く見られ、20代の人の皮膚に見られる内出血を伴う病気です。
痛みやかゆみなどの症状はありませんが、色素沈着を起こして跡が残る可能性もあります。
したがって女性には非常にやっかいな病気となります。
春や秋などの比較的温かい時期に発症することが多いので注意が必要です。
最初に米粒のような点状の内出血が現れます。
その後さまざまなところに拡散していきます。
下肢にたくさん発生しますがしこりは確認できません。
詳しい原因は明らかになっていませんが、血管に何らかの原因があると考えられています。
とくに疲れを感じているときや月経のときに症状が悪化する傾向があります。
発症しても数週間で自然に消え、症状の経過がひどくない疾患となっているので大きな心配の必要はありません。
また特別な治療を行わなければいけないと言うこともありません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加